被爆者が語り始めるまで : ヒロシマ・ナガサキの絆

中村尚樹 著

長崎の爆心地から630メートルの所にいた原圭三。彼は長い沈黙を経て原爆で亡くなった同僚の名簿作りに取り組んだ。それは、ただ名前の収集だけではなく、それぞれの死亡状況やその人の人生を確認する作業でもあった。広島の宮川裕行は校長だった父の教え子676人を含む、亡くなった全ての人々に対する償いとして沈黙を破った。二人の被爆者が鎮魂の旅に出る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ナガサキの絆-人間の論理(突然の訪問
  • 「あの日」のこと"八月九日"
  • 四十九歳の決意
  • 六千人の名簿
  • 旅へ
  • 人間の論理)
  • ヒロシマの絆-父から子へ(人生の林にわけ入りし
  • 父の夢
  • ゆりかごを動かす手
  • 「あの日」のこと"八月六日"
  • 戦後を生きる
  • 『原爆体験記』と綜合原爆展
  • 小説家の夢と挫折
  • 沈黙
  • 語り継ぐ被爆体験
  • 海峡を越えて
  • 形見の書き初め
  • 被爆者と被曝者の絆)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 被爆者が語り始めるまで : ヒロシマ・ナガサキの絆
著作者等 中村 尚樹
書名ヨミ ヒバクシャ ガ カタリハジメル マデ : ヒロシマ ナガサキ ノ キズナ
書名別名 名前を探る旅

Hibakusha ga katarihajimeru made
シリーズ名 新潮文庫 な-73-2
出版元 新潮社
刊行年月 2011.8
ページ数 372p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-10-134792-9
NCID BB06405662
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21966905
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想