マンガでわかる神経伝達物質の働き : ヒトの行動、感情、記憶、病気など、そのカギは脳内の物質にあった!!

野口哲典 著

ヒトの行動を決めるのは脳であり、脳の中では多数の神経伝達物質が各々の役割を担って働いている。では、どういう神経伝達物質があり、具体的にどのように活動しているのだろうか?本書は脳の仕組みから神経伝達物質の種類、そしてこれら神経伝達物質が行動や感情、病気などとどのようにかかわっているのかを、マンガとイラストでわかりやすく解説していく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 脳の仕組みと心(心はどこにある?
  • 心とはなにか? ほか)
  • 第2章 神経伝達物質の働き(神経細胞(ニューロン)は脳の本体
  • グリア細胞は神経細胞の活動を助ける ほか)
  • 第3章 おもな神経伝達物質とその働き(おもな神経伝達物質
  • 心は神経伝達物質の影響を受けている ほか)
  • 第4章 神経伝達物質と心(心を生みだす場所
  • 性格をコントロールしているのは? ほか)
  • 第5章 神経伝達物質と心の病気(不安とはなにか?
  • 不安障害とは? ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マンガでわかる神経伝達物質の働き : ヒトの行動、感情、記憶、病気など、そのカギは脳内の物質にあった!!
著作者等 野口 哲典
書名ヨミ マンガ デ ワカル シンケイ デンタツ ブッシツ ノ ハタラキ : ヒト ノ コウドウ カンジョウ キオク ビョウキ ナド ソノ カギ ワ ノウナイ ノ ブッシツ ニ アッタ
シリーズ名 サイエンス・アイ新書 SIS-213
出版元 ソフトバンククリエイティブ
刊行年月 2011.7
ページ数 219p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-7973-5991-6
NCID BB06392006
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21960039
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想