外来精神医学という方法

笠原嘉 [著]

クリニックの診察室からみた患者の姿とその治療から導き出された、精神医学の新たな役割。統合失調症の外来治療から心身医学との協同まで、珠玉の論考10篇。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「外来精神医学」雑感(二〇〇八)
  • 精神症状のみかた(一九九四)-一診療所のドクターのために
  • 神経症学からみた心身医学の位置づけ(一九八四)
  • 対人恐怖症と社会不安障害(二〇〇六)-伝統的診断から社会不安障害を考える
  • 外来分裂病(仮称)について(一九八一)
  • 二つの症例報告(一九七五)
  • 精神分裂病者とのコンタクトについて(一九六二)-心理療法の経験から
  • 分裂病の了解学はどこまで進んだか(一九八三)
  • クリニックで診るこのごろの軽症統合失調症(二〇一〇)
  • 精神医学における内因性概念について(二〇一一)-クリニック外来での一考察

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 外来精神医学という方法
著作者等 笠原 嘉
書名ヨミ ガイライ セイシン イガク ト イウ ホウホウ : カサハラ ミヨシ リンショウ ロンシュウ
書名別名 笠原嘉臨床論集
出版元 みすず書房
刊行年月 2011.6
ページ数 195, 5p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-622-07623-0
NCID BB06389792
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21950186
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想