家族・夫婦臨床の実践

中村伸一 著

本書は、一貫して家族・夫婦臨床の現場に携わってきた著者の集大成ともいうべき技法指導書である。思春期・境界例の事例を交えて、初回面接と見立て、ロールシャッハ・テストを用いたアセスメントなど、日常臨床における治療のコツを詳しく解説している。さらに特筆すべきは、夫婦面接の事例を数多く取り上げ、ジェノグラムやロールシャッハ・フィードバック・セッション(RFBS)を駆使しての治療的取り組みを詳細に論じていることである。家族・夫婦療法面接を現場で実践するための優れた解説書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 私と家族療法
  • 2 「家」の思想をめぐって
  • 3 見立てと介入
  • 4 思春期・青年期
  • 5 境界例
  • 6 ジェンダー
  • 7 夫婦間暴力
  • 8 うつ病への夫婦療法

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 家族・夫婦臨床の実践
著作者等 中村 伸一
書名ヨミ カゾク フウフ リンショウ ノ ジッセン
書名別名 Kazoku fufu rinsho no jissen
出版元 金剛
刊行年月 2011.8
ページ数 284p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7724-1210-0
NCID BB06376611
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21966481
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想