観光文化と地元学

井口貢 編著

大震災後、観光どころではないと考えるか、いまこそ観光でまちに元気をと考えるか。観光振興は観光客のためというより、その地域に生き住まう人びとのためになされると考える編者のまなざしに共感する15篇の地元学と観光文化の興味深い論稿。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1部 観光文化と地元学の視座(地元学への射程
  • 観光政策の現状と課題
  • 観光文化に注ぐ地元学のまなざし)
  • 2部 周縁を巡る観光の地元学(中心と周縁の観光論-長野県飯田市及び下伊那郡を事例に
  • 飯田型ツーリズムの基層
  • 湖都の両義性と観光のゆくえ
  • ニュータウンの地元学-文化施設からの試みを中心に)
  • 3部 文化の多様性と地元学(遷都周年事業を巡る平城・平安比較論
  • おばんざいの京都観光論
  • 歴史と暮らしの地元学-奈良町"生活観光"論
  • 「金沢学」と観光文化
  • 小京都という視座-三重県伊賀市上野地区を事例に
  • 音楽文化が育む地元学と観光)
  • 4部 風土と産業のための地元学(産業観光とモノづくり地元学
  • まちのホスピタリティーとその源泉
  • 地域文化を紡ぐ人と風土と歴史)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 観光文化と地元学
著作者等 井口 貢
書名ヨミ カンコウ ブンカ ト ジモトガク
書名別名 Kanko bunka to jimotogaku
出版元 古今書院
刊行年月 2011.8
ページ数 265p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7722-3138-1
NCID BB06373806
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21967770
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想