法と倫理の心理学 : 心理学の知識を裁判に活かす : 目撃証言,記憶の回復,子どもの証言

仲真紀子 著

裁判員制度が始まった。そこでは法の専門家と、非専門家である市民とが、協働し、証拠を評価し、法的判断を行う。市民に求められるのは社会常識による思考・判断だというが、専門家と非専門家では一体どこが異なるのだろうか。誤判原因に対する意識、目撃証言の信用性評価、記憶の抑圧や回復についての信念、言い逃れのメカニズム、そして子どもの証言をどう考えるか-。司法場面をフィールドに心理学の研究を行ってきた著者が、現実の事例にも当たりつつ、専門家の見方、非専門家の見方を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 市民と法曹の人々による、誤判意識-何が誤判を生むのか
  • 2章 裁判に必要な知識-裁判員に求められるものとは
  • 3章 専門家と非専門家の心理学的知識-専門家と非専門家はここが違う
  • 4章 記憶の抑圧と回復-回復した記憶の信用性は
  • 5章 偽りの記憶が問題となった事例-思い出せない記憶の想起過程
  • 6章 記憶の抑圧/回復に対する信念-抑圧/回復の概念はどこから来るのか
  • 7章 方便としての「記憶の抑圧と回復」-「記憶にございません」に説得力はあるのか
  • 8章 子どもの証言は信用できるか-専門家と非専門家の信念の違い 幼児の証言の信用性
  • 9章 子どもの証言の正確性に影響を及ぼす要因-面接における子どもの問題と大人の問題
  • 10章 子どもの証言と司法面接-子どもからどのように話を聞けばよいか
  • 11章 法と倫理の心理学-心理学の知識を裁判に活かす

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 法と倫理の心理学 : 心理学の知識を裁判に活かす : 目撃証言,記憶の回復,子どもの証言
著作者等 仲 真紀子
書名ヨミ ホウ ト リンリ ノ シンリガク : シンリガク ノ チシキ オ サイバン ニ イカス : モクゲキ ショウゲン キオク ノ カイフク コドモ ノ ショウゲン
シリーズ名 心理学の世界 専門編 12
出版元 培風館
刊行年月 2011.7
ページ数 227p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-563-05891-3
NCID BB06350800
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21973814
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想