「原子力ムラ」を超えて : ポスト福島のエネルギー政策

飯田哲也, 佐藤栄佐久, 河野太郎 著

福島第一原発事故で明るみに出た、もんじゅ事故以来続く、日本の原子力政策の杜撰さ。その背後に存在する政官学業からなる「原子力ムラ」の虚妄を暴く。エネルギーとしての原子力の無効性を、福島というトポス、3・11以降の政治、研究の最前線から原発と戦ってきた三人が解き明かす。いまだに原発を再開させようとする力が働くなか、自然エネルギーにまつわるウソ・デマ・誤解を解きほぐし、今後あるべきエネルギー政策の本質を明らかにする。原発がダメな本当の理由。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「原子力ムラ」という虚構
  • 第2章 原発とともに-福島の戦い
  • 第3章 東北大震災から原発事故へ-三月二一日‐四月三〇日
  • 第4章 原発からの脱却と日本の電力エネルギーの未来-五月一日‐六月一四日
  • 第5章 フクシマへの道-分岐点は六ケ所にあった
  • 第6章 上関原発新規立地・最後の攻防戦
  • 第7章 人災としての福島第一原発事故
  • 第8章 エネルギーの未来像

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「原子力ムラ」を超えて : ポスト福島のエネルギー政策
著作者等 佐藤 栄佐久
河野 太郎
飯田 哲也
書名ヨミ ゲンシリョク ムラ オ コエテ : ポスト フクシマ ノ エネルギー セイサク
シリーズ名 NHKブックス 1181
出版元 NHK
刊行年月 2011.7
ページ数 252p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-14-091181-5
NCID BB06317463
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21963405
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想