ジェンダーの話をしよう : 母から娘へ

権仁淑 著 ; 中野宣子 訳

なぜ、「カワイイ」と言われたいの?-女の子や男の子の中で、ジェンダー意識はどうつくられるか。女性学研究者の母から娘への愛情あふれる語り。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ひとつめの物語 女と男はどのようにつくられるのか(女はなぜ頭のよい男が好きなのか
  • 女と男のあいだには本当に違いがあるのか ほか)
  • ふたつめの物語 母の犠牲はいつでも美しいか(母の資格を考える
  • 母性も時代と環境によって変化する ほか)
  • みっつめの物語 女は身体に支配されているか(ダイエットのために眠れない娘に
  • ダイエットに代表される容姿至上主義 ほか)
  • よっつめの物語 女と男の性、そして性暴力(ミニスカートについて思うこと
  • 男と女の性的アイデンティティーはなぜ異なって形成されるのか ほか)
  • いつつめの物語 職場の女性たち、男性たち(本当に女性上位時代なのか?
  • 韓国女性の労働の現実 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ジェンダーの話をしよう : 母から娘へ
著作者等 中野 宣子
権 仁淑
大越 京子
書名ヨミ ジェンダー ノ ハナシ オ シヨウ : ハハ カラ ムスメ エ
書名別名 Let's talk about gender

Jenda no hanashi o shiyo
出版元 梨の木舎
刊行年月 2011.7
ページ数 186p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-8166-1106-3
NCID BB06308597
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22012702
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 韓国語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想