コンピュータ・シミュレーションの基礎 : 分子のミクロな性質を解明するために

岡崎進, 吉井範行 著

[目次]

  • コンピュータ・シミュレーションの今日的な役割-次世代スパコン時代の最強研究ツール
  • コンピュータ・シミュレーションとは何か-分子動力学(MD)計算のあらまし
  • 運動方程式の一般的な表し方-並進運動を記述するための基礎
  • 複雑な分子運動を表す運動方程式-回転運動を記述するための基礎
  • 分子間に働く力-分子間相互作用の求め方
  • 運動方程式の数値計算法-数値的に解くための基礎
  • 長距離力の取り扱い方(1)-エワルドの方法と相互作用計算の高速化
  • 長距離力の取り扱い方(2)-大規模系に適した高速多重極展開法
  • アンサンブルの発生-温度と圧力を制御する方法
  • 拘束条件つきの運動方程式の解き方-拘束の動力学の数値計算法〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 コンピュータ・シミュレーションの基礎 : 分子のミクロな性質を解明するために
著作者等 吉井 範行
岡崎 進
書名ヨミ コンピュータ シミュレーション ノ キソ : ブンシ ノ ミクロナ セイシツ オ カイメイスル タメニ
書名別名 Konpyuta shimyureshon no kiso
出版元 化学同人
刊行年月 2011.7
版表示 第2版.
ページ数 303p
大きさ 24cm
ISBN 978-4-7598-1475-0
NCID BB06301088
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21962002
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想