超臨界 : 暴発4秒前:ハイテク社会への警鐘

綱渕輝幸 著

原子炉で言えば『超臨界』とは、単位時間当りの核分裂数がどんどん増えていく危険な状態のことで、原子炉の出力が急上昇し、一瞬で大爆発に至る。『太陽由来の中性子』で電子デバイスのトランジスタが誤作動、『地震』『電磁波』『人間のミス』…ハイテクシステムへの盲信が『超臨界』を招く。原発事故を受け、新原稿(「最悪レベル7」「内部被曝」「地震兵器と原発」など)を追加。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 原子力発電所の暴発で日本国が滅ぶ
  • 第2章 原子炉は巨大な核爆弾
  • 第3章 原子力発電所とコンクリート劣化問題
  • 第4章 ハイテク社会の『超臨界』
  • 第5章 顕在化する『電磁波問題』
  • 第6章 「高品質」を支える技術とその限界
  • 第7章 クリーン・エネルギー戦略

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 超臨界 : 暴発4秒前:ハイテク社会への警鐘
著作者等 第二I/O編集部
綱渕 輝幸
書名ヨミ チョウリンカイ : ボウハツ 4ビョウマエ ハイテク シャカイ エノ ケイショウ
シリーズ名 I/O books
出版元 工学社
刊行年月 2011.6
版表示 増補版.
ページ数 239p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7775-1607-0
NCID BB06247186
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21947154
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想