渋沢栄一 : 社会企業家の先駆者

島田昌和 著

長年にわたって近代日本の実業界のリーダーとして活躍した渋沢栄一(一八四〇‐一九三一)。経済政策に関する積極的な提言を行う一方で、関わったおびただしい数の会社経営をどのように切り盛りしたのか。民間ビジネスの自立モデルを作り上げ、さらに社会全体の発展のために自ら行動しつづけた社会企業家の先駆者の足跡を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 農民の子から幕臣へ-才覚を活かせる場を求めて(養蚕・製藍農家の長男として
  • 一橋家の家臣になる ほか)
  • 第2章 明治実業界のリーダー-開かれた経済の仕組みづくり(第一国立銀行を創設
  • 近代産業創出のシステムづくり ほか)
  • 第3章 渋沢栄一をめぐる人的ネットワーク(コンパクトなビジネス空間の創出
  • 多様な人材による経営サポート ほか)
  • 第4章 「民」のための政治をめざして-自立のための政策を提言(日清戦後の経済政策と経済動向
  • 清国賠償金問題 ほか)
  • 第5章 社会・公共事業を通じた国づくり(実業教育への強い関心
  • 私立商業学校の支援 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 渋沢栄一 : 社会企業家の先駆者
著作者等 島田 昌和
書名ヨミ シブサワ エイイチ : シャカイ キギョウカ ノ センクシャ
書名別名 Shibusawa eiichi
シリーズ名 岩波新書 新赤版1319
出版元 岩波書店
刊行年月 2011.7
ページ数 232, 6p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431319-9
NCID BB06242819
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21967597
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想