大学とは何か

吉見俊哉 著

いま、大学はかつてない困難な時代にある。その危機は何に起因しているのか。これから大学はどの方向へ踏み出すべきなのか。大学を知のメディアとして捉え、中世ヨーロッパにおける誕生から、近代国家による再生、明治日本への移植と戦後の再編という歴史のなかで位置づけなおす。大学の理念の再定義を試みる画期的論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 大学とは何か
  • 第1章 都市の自由 大学の自由
  • 第2章 国民国家と大学の再生
  • 第3章 学知を移植する帝国
  • 第4章 戦後日本と大学改革
  • 終章 それでも、大学が必要だ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大学とは何か
著作者等 吉見 俊哉
書名ヨミ ダイガク トワ ナニカ
シリーズ名 岩波新書 新赤版1318
出版元 岩波書店
刊行年月 2011.7
ページ数 259, 5p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431318-2
NCID BB0624029X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21967596
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想