人間と国家  下

坂本義和 著

現代に生きる人間は、国家とどう向き合い、自分のアイデンティティをどのように考えていくべきか。その問いと格闘してきた国際政治学者の軌跡。下巻は、東大紛争との関わり、世界の知識人たちとの共同研究や交流、アジアと日本をめぐる諸問題への取り組み、そして冷戦終結から東日本大震災まで。人間の未来へのメッセージに満ちた回想録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 東大紛争
  • 国際的な共同研究
  • 国連と国際会議
  • アジアとの対話
  • 日本社会への訴え
  • 冷戦終焉と二一世紀

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人間と国家
著作者等 坂本 義和
書名ヨミ ニンゲン ト コッカ : アル セイジ ガクト ノ カイソウ
書名別名 ある政治学徒の回想

Ningen to kokka
シリーズ名 岩波新書 新赤版1317
巻冊次
出版元 岩波書店
刊行年月 2011.7
ページ数 234, 14p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431317-5
NCID BB06239938
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21967595
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想