巴里の空の下オムレツのにおいは流れる

石井好子 著

戦後まもなく渡ったパリで、下宿先のマダムが作ってくれたバタたっぷりのオムレツ。レビュの仕事仲間と夜食に食べた熱々のグラティネ-一九五〇年代の古きよきフランス暮らしと思い出深い料理の数々を軽やかに歌うように綴った名著が、待望の文庫化。第11回日本エッセイスト・クラブ賞受賞作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 巴里の空の下オムレツのにおいは流れる
  • また来てまた見てまた食べました
  • よく食べよく歌え
  • 外は木枯 内はフウフウ
  • 西部劇とショパンと豆と
  • 紅茶のみのみお菓子をたべて
  • 作る阿呆に食べる阿呆
  • とまとはむぽてと
  • フランスの料理学校
  • わが家族の食い気についての一考察
  • 私のゆくところに料理がある

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 巴里の空の下オムレツのにおいは流れる
著作者等 石井 好子
書名ヨミ パリ ノ ソラ ノ シタ オムレツ ノ ニオイ ワ ナガレル
書名別名 Pari no sora no shita omuretsu no nioi wa nagareru
シリーズ名 河出文庫 い24-1
出版元 河出書房新社
刊行年月 2011.7
ページ数 253p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-309-41093-7
NCID BB0622727X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21956271
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想