アイデンティティと暴力

アマルティア・セン 著 ; 大門毅 監訳 ; 東郷えりか 訳

二一世紀の世界は暴力に満ちている。はたしてこれは、「文明の衝突」なのか?西洋とイスラムは対立するしかないのか?ひとは宗教や文明にもとづいたアイデンティティしか持てないのか?本書では世界史、哲学、経済学などの豊富な知見をもとに、現代世界を読み解く新たな枠組みを提示する。アイデンティティは与えられたものではなく、理性によって「選択できる」のだ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 幻想の暴力
  • 第2章 アイデンティティを理解する
  • 第3章 文明による閉じ込め
  • 第4章 宗教的帰属とイスラム教徒の歴史
  • 第5章 西洋と反西洋
  • 第6章 文化と囚われ
  • 第7章 グローバル化と庶民の声
  • 第8章 多文化主義と自由
  • 第9章 考える自由

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アイデンティティと暴力
著作者等 Sen, Amartya
大門 毅
東郷 えりか
セン アマルティア
書名ヨミ アイデンティティ ト ボウリョク : ウンメイ ワ ゲンソウ デ アル
書名別名 Identity and violence

運命は幻想である
出版元 勁草書房
刊行年月 2011.7
ページ数 280p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-326-15416-6
NCID BB06215816
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21958018
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想