モンゴル史研究 : 現状と展望

早稲田大学モンゴル研究所 編 ; 吉田順一 監修

[目次]

  • 第1部 モンゴル帝国研究の諸相(『モンゴル秘史』研究の新たな展開にむけて
  • 『元朝秘史』の世界を理解するために-中国における『元朝秘史』研究の問題を中心に
  • 『集史』第1巻「モンゴル史」の校訂テキストをめぐる諸問題 ほか)
  • 第2部 ポスト帝国期のモンゴル(ポスト帝国期のモンゴル・中国関係
  • 四オイラド史の成立
  • チベット仏教世界の一部としてのモンゴル理解の必要性について ほか)
  • 第3部 「モンゴル民族」の誕生(ボグド・ハーン政権-近代モンゴルと中国
  • モンゴルとソヴィエト、コミンテルン
  • 内モンゴルと近代日本 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 モンゴル史研究 : 現状と展望
著作者等 モンゴル研究所
吉田 順一
早稲田大学モンゴル研究所
書名ヨミ モンゴルシ ケンキュウ : ゲンジョウ ト テンボウ
書名別名 Mongorushi kenkyu
出版元 明石書店
刊行年月 2011.6
ページ数 397p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7503-3429-5
NCID BB06213093
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21958387
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想