日本の外国人留学生・労働者と雇用問題 : 労働と人材のグローバリゼーションと企業経営

守屋貴司 編著

本書は、日系人、外国人研修生・技能実習生、外国人留学生などこれまで研究対象としてあまり取り上げられてこなかった外国人留学生・労働者の雇用問題に関して、経営学、人事・労務の視点を中心として取り組むことで、その学術的空白領域を埋めることを試みる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 労働のグローバリゼーションの光と影-世界的な外国人労働者の選別的受け入れと排除
  • 第2章 日本企業の国際分業と外国人留学生の育成
  • 第3章 文系の外国人留学生の就職支援と採用・雇用管理
  • 第4章 中国人留学生の中国帰国後の就職問題
  • 第5章 外国人留学生・従業員の異文化適応とキャリア形成への考察-中国人留学生・従業員を中心として
  • 第6章 日本における外国人研修生・技能実習生制度に関する研究-滋賀県を中心として
  • 第7章 多文化共生のためのソーシャル・ネットワーク形成の課題-中京地域の事例
  • 第8章 中国企業の日本への進出戦略と経営展開
  • 終章 外国人留学生・労働者のキャリア開発とその全体構造分析

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の外国人留学生・労働者と雇用問題 : 労働と人材のグローバリゼーションと企業経営
著作者等 守屋 貴司
書名ヨミ ニホン ノ ガイコクジン リュウガクセイ ロウドウシャ ト コヨウ モンダイ : ロウドウ ト ジンザイ ノ グローバリゼーション ト キギョウ ケイエイ
出版元 晃洋書房
刊行年月 2011.7
ページ数 257p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7710-2207-2
NCID BB06210459
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21964206
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想