国力とは何か : 経済ナショナリズムの理論と政策

中野剛志 著

豊かな経済社会を取り戻すために。我が国の支配的イデオロギーは「グローバル化による国家の退場」だった。しかし東日本大震災のような危機には国家が強いリーダーシップを発揮することが求められている。異端の思想にこそ真実がある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 大震災という危機
  • 第1章 危機に直面する世界
  • 第2章 経済ナショナリズムとは何か
  • 第3章 はじめに国家ありき
  • 第4章 国力の理論
  • 第5章 国力の政策
  • 第6章 経済ナショナリズムとしてのケインズ主義
  • 第7章 国民国家を超えて
  • 第8章 経済ナショナリズムと日本の行方

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国力とは何か : 経済ナショナリズムの理論と政策
著作者等 中野 剛志
書名ヨミ コクリョク トワ ナニカ : ケイザイ ナショナリズム ノ リロン ト セイサク
書名別名 経済はナショナリズムで動く
シリーズ名 講談社現代新書 2115
出版元 講談社
刊行年月 2011.7
ページ数 253p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-288115-9
NCID BB06206735
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21961561
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想