なぜ僕はドキュメンタリーを撮るのか

想田和弘 著

なぜ/どうやって、ナレーションや音楽なしでドキュメンタリーを作るのか?なぜリサーチや打ち合わせなどをしないのか?インディー映画作家の制作費や著作権について。"タブーとされるもの"を撮って考えることは?客観的真実とドキュメンタリーの関係とは?映画『Peace』のメイキングを通して、このような問いへの答えを率直に語る、ドキュメンタリー論の快著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 撮る者と撮られる者(映画祭からの短編依頼
  • 平和な国で育った僕に資格があるのか ほか)
  • 第2章 「台本」と「分かりやすさ」を捨てて-観察映画とは何だろう(基本編)(源流はダイレクトシネマ
  • 同時録音の技術が生んだ ほか)
  • 第3章 ドキュメンタリーの面白さ-観察映画とは何だろう(発展編)(「客観的真実」を描かない
  • 主観の産物 ほか)
  • 第4章 一期一会のドキュメンタリー(猫から義父へ
  • 福祉有償運送 ほか)
  • 第5章 映画が連れていってくれる場所(映画の編集とは何か
  • 編集の手順 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 なぜ僕はドキュメンタリーを撮るのか
著作者等 想田 和弘
書名ヨミ ナゼ ボク ワ ドキュメンタリー オ トルノカ
書名別名 Naze boku wa dokyumentari o torunoka
シリーズ名 講談社現代新書 2113
出版元 講談社
刊行年月 2011.7
ページ数 251p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-288113-5
NCID BB06205812
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21961567
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想