荘子(そうじ)  内篇

福永光司 著

自由無碍の境地を語る「鵬鯤」の物語、一切肯定を謳う「荘周夢に胡蝶となる」-。老子とともに道教の始祖とされる、中国が生んだ鬼才・荘子が遺し、後世に多大な影響を与えた、無為自然を基とし人為を拒絶する思想とはなにか。荘子自身の手によるとされる「内篇」を、老荘思想研究の泰斗が実存主義的に解釈、荘子の思想の精髄に迫った古典的名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 逍遙遊篇 第一
  • 斉物論篇 第二
  • 養生主篇 第三
  • 人間世篇 第四
  • 徳充符篇 第五
  • 大宗師篇 第六
  • 応帝王篇 第七

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 荘子(そうじ)
著作者等 福永 光司
書名ヨミ ソウジ
書名別名 荘子
シリーズ名 荘子 (経典) 2058
講談社学術文庫 2058
巻冊次 内篇
出版元 講談社
刊行年月 2011.7
ページ数 445p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-292058-2
NCID BB06203544
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21958243
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想