中東民衆革命の真実 : エジプト現地レポート

田原牧 著

二〇一一年、二月十一日、エジプトを三十年間統治してきた大統領、ムバーラクが退陣を表明した。それは、五千年にも及ぶアラブの大国の歴史の中で、民衆が初めて自らの手で体制を打倒した瞬間であった。この革命の余波はシリア、リビア、イエメン、サウジアラビアなど中東に広がり、各地で叛乱の火の手があがっている。エジプトで、ムバーラク政権を追い詰めたものはいったい何だったのか。エジプトを軸とする中東の動きを長年観察し、現地取材を続けてきたジャーナリストが、今後の中東情勢を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 静かな興奮
  • 第2章 予測を超えた展開
  • 第3章 旧世代の憂鬱
  • 第4章 タハリール共和国
  • 第5章 下支えした既成勢力
  • 第6章 五十四年体制の崩壊
  • 第7章 新しい革命
  • 第8章 青ざめる米国
  • 第9章 不可視の船出

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中東民衆革命の真実 : エジプト現地レポート
著作者等 田原 拓治
田原 牧
書名ヨミ チュウトウ ミンシュウ カクメイ ノ シンジツ : エジプト ゲンチ レポート
書名別名 Chuto minshu kakumei no shinjitsu
シリーズ名 集英社新書 0601A
出版元 集英社
刊行年月 2011.7
ページ数 252p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-08-720601-2
NCID BB06203500
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21961556
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想