横断する映画と文学

十重田裕一 編

映画と文学がジャンルを横断し交流することで何が生み出されたのか。それぞれの表現の細部に視線を向けながら、両者の歴史的関係のなかで培われた表現の位相を考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 交流する映画・演劇・文学の軌跡(『狂った一頁』の群像序説-新感覚派映画聯盟からの軌跡
  • 白糸、甦る。
  • 映画『大菩薩峠』と中里介山-映画化をめぐる横断・交渉・痕跡)
  • 2 戦争を刻印するフィルムとテクスト(デコちゃん教育-『綴方教室』と事変下の恐るべき女児たち
  • 坂口安吾・未遂の国策映画『黄河』
  • 大映社長・菊池寛の戦中・戦後)
  • 3 高度経済成長下の映画と文芸(明日は青空-佐々木邦・源氏鶏太のユーモア文学と映画
  • 長谷川伸と股旅映画-映画を見ることと暮らしの倫理性をめぐって
  • 二つの『秋日和』-小津安二郎と里見〓(とん))
  • 4 スタジオシステムと文壇から遠く離れて(寺山修司、虚構の葬列-映画『田園に死す』の"私"をめぐって
  • 中上健次と『火まつり』-映像化されないシナリオの余白)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 横断する映画と文学
著作者等 十重田 裕一
書名ヨミ オウダンスル エイガ ト ブンガク
シリーズ名 日本映画史叢書 12
出版元 森話社
刊行年月 2011.7
ページ数 370p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-86405-026-5
NCID BB06193156
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21956346
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想