日本版白熱教室サンデルにならって正義を考えよう

小林正弥 著

核問題において人命が犠牲になることはやむを得ないのか?ホリエモンに対する是非は?無縁社会とコミュニティの関係とは?ウィキリークスは正義なのか?日本が直面するさまざまな問題を、サンデル式対話型講義で討論する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1講 功利主義-「ひかりごけ、原爆投下」の正義を考える
  • 第2講 リバタリアニズム-「ホリエモン、橋下知事、安楽死」の正義を考える
  • 第3講 リベラリズム-「貧困問題、ベーシック・インカム、イラク日本人人質事件」の正義を考える
  • 第4講 コミュニタリアニズム-「無縁社会、ウィキリークス、尖閣ビデオ流出事件」の正義を考える
  • 補講 白熱教室・中級篇-正義論の国際的展開へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本版白熱教室サンデルにならって正義を考えよう
著作者等 小林 正弥
書名ヨミ ニホンバン ハクネツ キョウシツ サンデル ニ ナラッテ セイギ オ カンガエヨウ
シリーズ名 文春新書 816
出版元 文藝春秋
刊行年月 2011.7
ページ数 309p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-16-660816-4
NCID BB06188327
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21963552
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想