文化交流のエリアスタディーズ : 日本につながる文化の道

松原広志, 須藤護, 佐野東生 編著

グローバル化が進化する現代世界の中で、「地域文化」と呼ばれるものの意義を再考する。日本へつながる「文化の道」を共有しながら、アジア・ユーラシアから太平洋に広がる世界の諸地域はどのような文化を形成し、交流してきたのか。本書は、日本を軸とした複合的文化ネットワークを考察する試みである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「アジア地域文化」を考える
  • 第1部 アジア・太平洋の交流(移動する文化とグローバル世界-華僑華人の文化ネットワーク
  • 固有の文化をさぐる旅-アジアの稲作文化を訪ねて
  • 集落形態から見る東アジア初期国家の形成過程
  • ニュージーランドと日本の知られざる結びつき
  • 日本の「エレキブーム」と「グループサウンズ」-1961〜1966年
  • 京都とアジア-いにしえからの交流をひもとく)
  • 第2部 ユーラシアの交流(江戸から明治・大正期の日露の交流
  • 「東ヨーロッパ」の概念と日本の投資
  • 西アジア・中央アジアと日本の交流-飛鳥時代から現代まで
  • 南アジア・中央アジアからの仏教の伝播と交流)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文化交流のエリアスタディーズ : 日本につながる文化の道
著作者等 佐野 東生
松原 広志
須藤 護
書名ヨミ ブンカ コウリュウ ノ エリア スタディーズ : ニホン ニ ツナガル ブンカ ノ ミチ
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2011.6
ページ数 273p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-623-05965-2
NCID BB06186729
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21942959
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想