ワケありな映画

沢辺有司 著

爆破予告があり上映中止になった「ブラック・サンデー」、戸塚ヨットスクール事件で関係者が逮捕されオクラ入りになった「スパルタの海」、公開直後に監督の妻と子供が殺された「ローズマリーの赤ちゃん」、わいせつをめぐり監督が訴えられた「愛のコリーダ」など、古今東西の「ワケありな映画」を46本収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 上映禁止になったワケありな映画(『時計じかけのオレンジ』
  • 『ガキ帝国 悪たれ戦争』 ほか)
  • 第2章 悲劇に彩られたワケありな映画(『ローズマリーの赤ちゃん』
  • 『ラストタンゴ・イン・パリ』 ほか)
  • 第3章 ソフト化を封印されたワケありな映画(『ウルトラ6兄弟vs怪獣軍団』
  • 『江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間』 ほか)
  • 第4章 トラブル続きのワケありな映画(『地獄の黙示録』
  • 『愛のコリーダ』 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ワケありな映画
著作者等 沢辺 有司
書名ヨミ ワケアリナ エイガ
書名別名 Wakearina eiga
出版元 彩図社
刊行年月 2011.5
ページ数 205p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-88392-791-3
NCID BB06178640
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21932531
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想