正しいリスクの伝え方 : 放射能、風評被害、水、魚、お茶から牛肉まで

小島正美 著

「ただちに健康への影響はありません」ってどういうこと?錯綜するリスク情報はどう伝えられたのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 放射線のリスクはどれくらいか
  • 第2章 リスク情報の伝達の秘けつはタイミングと役者の存在
  • 第3章 リスクの伝え方と風評被害
  • 第4章 「安全だけど安心できない」構図の裏に何があるか
  • 第5章 BSE-歴史に残るリスクコミュニケーションの大失敗
  • 第6章 メディアの「おかしな報道」にどう対処したらよいか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 正しいリスクの伝え方 : 放射能、風評被害、水、魚、お茶から牛肉まで
著作者等 小島 正美
書名ヨミ タダシイ リスク ノ ツタエカタ : ホウシャノウ フウヒョウ ヒガイ ミズ ウオ オチャ カラ ギュウニク マデ
出版元 エネルギーフォーラム
刊行年月 2011.6
ページ数 239p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-88555-387-5
NCID BB06173498
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22028626
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想