バーゼル3は日本の金融機関をどう変えるか : グローバル金融制度改革の本質

藤田勉, 野崎浩成 著

IFRS、ボルカールールなども踏まえた一連の制度改革が、どこまで、どのように影響するのかを実践的に解説。メガバンクの実数値を用いて試算するなど、影響を具体的に予測する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 リーマンショックが変えた世界の金融秩序
  • 第2章 世界の金融制度の抜本改革
  • 第3章 国際会計制度改革と金融機関
  • 第4章 バーゼル3のインパクト
  • 第5章 金融機関の経営はこう変わる
  • 第6章 国際合意の変遷と特徴
  • 第7章 バーゼル3の詳細な枠組み
  • 終章 規制のあした

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バーゼル3は日本の金融機関をどう変えるか : グローバル金融制度改革の本質
著作者等 藤田 勉
野崎 浩成
書名ヨミ バーゼル 3 ワ ニホン ノ キンユウ キカン オ ドウ カエルカ : グローバル キンユウ セイド カイカク ノ ホンシツ
書名別名 Bazeru 3 wa nihon no kin'yu kikan o do kaeruka
出版元 日本経済新聞出版社
刊行年月 2011.6
ページ数 305p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-532-35461-9
NCID BB06161830
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21954707
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想