戦後西ドイツ外交の分水嶺 : 東方政策と分断克服の戦略,1963~1975年

妹尾哲志 著

冷戦期、西ドイツは東西対立の最前線で緊張関係を強いられていた。西ドイツの首相であったブラントは、対立から対話、融和を目指し、現在ヨーロッパ統合を推進するドイツ外交の構築に寄与した。本書では、東西の狭間のドイツ外交と分断克服への道筋を射程に、一次史料に基づきながら、その根幹をなすものを明示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ブラントの東方政策と東西分断の克服
  • 第1章 バールの構想と分断克服への道-準備段階から政権奪取まで
  • 第2章 ブラント政権の東方政策-モスクワ条約と東西ドイツ関係を中心に
  • 第3章 東方政策と西側との意見調整-モスクワ条約の交渉過程における米英仏との意見調整を中心に
  • 第4章 東方政策とヨーロッパ統合問題-ハーグEC首脳会談を中心に
  • 第5章 東方政策をめぐる西ドイツ国内の議論-一九七二年の連邦議会選挙を中心に
  • 第6章 東方政策の「多国間化」-CSCEの準備過程を中心に
  • 終章 ブラントの東方政策とは何だったのか-分断と統一、東と西のあいだで

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦後西ドイツ外交の分水嶺 : 東方政策と分断克服の戦略,1963~1975年
著作者等 妹尾 哲志
書名ヨミ センゴ ニシドイツ ガイコウ ノ ブンスイレイ : トウホウ セイサク ト ブンダン コクフク ノ センリャク 1963 1975ネン
書名別名 Sengo nishidoitsu gaiko no bunsuirei
出版元 晃洋書房
刊行年月 2011.6
ページ数 255, 41p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7710-2278-2
NCID BB06146440
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21963168
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想