戦争と和解の日英関係史

小菅信子, ヒューゴ・ドブソン 編著

"敵"から"友"の関係を築くために!いまなお日英間で燻りつづける、旧日本軍による英軍捕虜虐待の問題。大戦期から今日にいたる日英関係を多面的に問いなおし、戦後和解の構築に向けて日英独の研究者が共同で探求する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「敵」から「友」へ
  • 第1部 戦争と対立(第二次世界大戦と独英・日英和解
  • 対日戦におけるイギリスの興亡
  • 日本軍による欧米人捕虜虐待の構図
  • 日本軍による"白人"捕虜虐待をめぐるイギリスの対応
  • ビルマ・親英でも親日でもなく
  • 東南アジアにおける日英のディレンマ、一九四五年以後)
  • 第2部 講和と和解(日本の国際社会復帰と日英関係
  • 日英の経済・軍事関係-一九四五〜一九六〇年
  • 戦後日本知識人にとっての日英和解-竹山道雄の場合
  • 日英和解とメディア
  • 日英和解と日中和解
  • グローバル化時代の日英関係)
  • 日英関係の過去・現在・未来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦争と和解の日英関係史
著作者等 Dobson, Hugo
小菅 信子
ドブソン ヒューゴ
書名ヨミ センソウ ト ワカイ ノ ニチエイ カンケイシ
書名別名 Japan and Britain at War and Peace

Senso to wakai no nichiei kankeishi
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2011.7
ページ数 318p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-588-37709-9
NCID BB06145845
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21976284
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想