リージョナル・ジェットが日本の航空を変える

橋本安男, 屋井鉄雄 共著

人口減少、高齢社会で、航空産業に求められるものは何か。リージョナル・ジェットの活用は、何を変革させるのか。旅客需要と航空機サイズの需給バランスを最適化し、地域間ネットワークの維持・発展で地域活性化を促進。さらには、日本の地方と近隣アジアとの交流圏拡大も期待される。欧州・北米等の経験とビジネスモデルを豊富な資料で紹介し、展望に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 わが国の航空とリージョナル航空の現状
  • 第2章 リージョナル小型機の系譜-ターボプロップ機からMRJに至るまで
  • 第3章 欧州におけるリージョナル航空の発展
  • 第4章 航空先進国米国におけるリージョナル航空の繁栄
  • 第5章 LCC(ローコスト・キャリア)の台頭とリージョナル航空
  • 第6章 リージョナル航空台頭による空港の発展
  • 第7章 米国の空港整備助成制度とリージョナル航空
  • 第8章 日本の航空と地方空港の浮揚に向けて-鍵を握るリージョナル航空

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 リージョナル・ジェットが日本の航空を変える
著作者等 屋井 鉄雄
橋本 安男
書名ヨミ リージョナル ジェット ガ ニホン ノ コウクウ オ カエル
書名別名 Rijonaru jetto ga nihon no koku o kaeru
出版元 成山堂書店
刊行年月 2011.6
ページ数 209p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-425-86191-0
NCID BB06144809
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21953552
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想