企業風土とクルマ : 歴史検証の試み

桂木洋二 著

1911年、日本初の自動車会社「快進自働車工場」が誕生。日産とトヨタをはじめとする各メーカーが参入し、今日につながっている。それぞれの経営トップはいかに行動し、企業の方向性を決めていったのか。そして会社が持つ文化や特性は、クルマづくりにどう影響してきたのか。日本の自動車メーカー100年の歩み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 日本メーカーの特殊性と経営トップ
  • 第1章 日産とトヨタの創業時代・一九三一年〜一九四五年
  • 第2章 戦後の混乱期の動向・一九五〇年までの五年間
  • 第3章 乗用車開発に力を入れるメーカー・一九五〇年代前半
  • 第4章 経済成長と自動車メーカーの活動・一九六〇年代前半
  • 第5章 世界的メーカーへの成長・一九六〇年代後半
  • 第6章 オイルショックと排気規制の時代・一九七〇年代中心に
  • 第7章 海外進出と技術革新の時代・一九八〇年代中心に
  • 第8章 グローバル化の進行と変貌する自動車産業

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 企業風土とクルマ : 歴史検証の試み
著作者等 桂木 洋二
書名ヨミ キギョウ フウド ト クルマ : レキシ ケンショウ ノ ココロミ
出版元 グランプリ
刊行年月 2011.5
ページ数 379p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-87687-316-6
NCID BB06126727
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21930503
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想