情報時代の到来 : 「理性と革命の時代」における知識のテクノロジー

ダニエル・R.ヘッドリク 著 ; 塚原東吾, 隠岐さや香 訳

植物命名法、辞書や百科辞典の編纂、地図の作成、統計やグラフのかたち、郵便や電信技術の発明など、今日の情報システムの原型は18〜19世紀に開花した。情報革命の歴史的淵源を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 情報とその歴史
  • 第2章 情報の組織化-科学の言葉
  • 第3章 情報を変換すること-統計の起源
  • 第4章 情報を表示すること-地図とグラフ
  • 第5章 情報を保存すること-辞書と百科事典
  • 第6章 情報を伝達すること-郵便と電信のシステム
  • 第7章 情報時代-過去と現在

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 情報時代の到来 : 「理性と革命の時代」における知識のテクノロジー
著作者等 Headrick, Daniel R
塚原 東吾
隠岐 さや香
ヘッドリク ダニエル・R.
書名ヨミ ジョウホウ ジダイ ノ トウライ : リセイ ト カクメイ ノ ジダイ ニ オケル チシキ ノ テクノロジー
書名別名 When information came of age
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2011.7
ページ数 304p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-588-37115-8
NCID BB06097731
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21976231
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想