ロボットは友だちになれるか

フレデリック・カプラン 著 ; 西兼志 訳 ; 西垣通 監修

AIBOの開発に携わった著者が、ロボット工学から伝統文化・神話・小説・映画・サブカルチャーまで幅広く論じたロボット文化論。機械との関係を通して見た日本と西洋の比較、日本人がロボットに注ぐ特異な想像力に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 友だち化するロボット(当惑-日本製の小型ロボットが巻き起こした驚くべき反応
  • 系譜-自律型ロボットの歴史における、ふたつの奇妙な系統
  • 誕生-世界初のペット・ロボットの懐胎と、その必然的な無用さ
  • 多元的な世界-わたしたちの生きる並行世界と、その世界が動物・機械の世界と交わるところ
  • 道のり-未成熟なロボットと時間のかかる学習
  • 愛着-わたしたちが身の回りの人間以外の存在と築く関係性
  • 変身-ロボットにおける心身二元論と最初の人工物の文化)
  • 第2部 ロボットと友だちになること(異境(1)-日本のポピュラーカルチャーで、テクノロジーはどう飼い慣らされているか?
  • 異境(2)-日本の伝統文化における自然、人工物、ロボット
  • 不完全性(1)-西洋では、人工物の創造者はどのように想像されてきたか?
  • 不完全性(2)-なぜ人工物の創造者は、信用されないのか?
  • メタファー-機械が映し出す人間のイメージ
  • 人形-ロボットを飼い慣らす子供たち
  • 魔術-科学、イリュージョン、ペテン師)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ロボットは友だちになれるか
著作者等 Kaplan, Frédéric
西 兼志
西垣 通
Kaplan Fr'ed'eric
カプラン フレデリック
書名ヨミ ロボット ワ トモダチ ニ ナレルカ : ニホンジン ト キカイ ノ フシギナ カンケイ
書名別名 Les machines apprivoisees

日本人と機械のふしぎな関係

Robotto wa tomodachi ni nareruka
出版元 NTT
刊行年月 2011.6
ページ数 311p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7571-0309-2
NCID BB06041089
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21945453
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想