量子力学は世界を記述できるか

佐藤文隆 著

科学の最先端として「物理学の世紀」を演出し、医療やIT、情報工学などさまざまな分野を革新し続けている量子力学。しかしその理論は直観的にはまったく「理解できない」ものだった。量子力学の登場で、世界は、そして科学の意味はいかに変わったのか…。いままで誰も語れなかった「本当の」量子物理学の世界。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部(観測者の登場-客観世界への闖入者
  • 情報と確率
  • 二〇世紀科学と量子
  • 数理というツール-生もの、乾きもの)
  • 第2部(量子力学の不思議
  • 物理学界での量子力学の明暗
  • 量子力学の現在
  • 量子力学の教育二話)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 量子力学は世界を記述できるか
著作者等 佐藤 文隆
書名ヨミ リョウシ リキガク ワ セカイ オ キジュツデキルカ
書名別名 Ryoshi rikigaku wa sekai o kijutsudekiruka
出版元 青土社
刊行年月 2011.6
ページ数 246p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7917-6612-3
NCID BB0604095X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21952467
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想