経済成長は不可能なのか : 少子化と財政難を克服する条件

盛山和夫 著

日本社会全体に閉塞感が漂っている。経済は停滞し、年金や医療など社会保障問題も深刻化するばかりだ。大震災の復興財源もおぼつかない。経済成長こそが復活の鍵であるが、日本はもうそれを望むことはできないのだろうか。本書は、日本経済を取り巻く四つの難問-デフレ、財政難、円高、少子化-を社会学の目で整理し、どのような方法でそれらを解決し、経済を成長させることができるかを提示するものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 日本が抱える四重苦
  • 第1章 行財政改革論の神話
  • 第2章 「失われた二〇年」の要因論争
  • 第3章 円高の桎梏
  • 第4章 少子化をどう乗り越えるか
  • 第5章 増大する社会保障費の重圧
  • 第6章 未来への投資
  • 第7章 まずはデフレの脱却から

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 経済成長は不可能なのか : 少子化と財政難を克服する条件
著作者等 盛山 和夫
書名ヨミ ケイザイ セイチョウ ワ フカノウ ナノカ : ショウシカ ト ザイセイナン オ コクフクスル ジョウケン
書名別名 Keizai seicho wa fukano nanoka
シリーズ名 中公新書 2116
出版元 中央公論新社
刊行年月 2011.6
ページ数 257p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102116-8
NCID BB06012910
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21981108
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想