感染症と文明 : 共生への道

山本太郎 著

感染症との闘いは人類に勝利をもたらすのか。防疫による封じ込めは、大きな悲劇の準備にすぎないのか。共生の道はあるのか。感染症と人類の関係を文明の発祥にさかのぼって考察し、社会が作り上げてきた流行の諸相を描き出す。共生とは理想的な均衡ではなく、心地よいとはいえない妥協の産物ではないのだろうか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 島の流行が語ること
  • 第1章 文明は感染症の「ゆりかご」であった
  • 第2章 歴史の中の感染症
  • 第3章 近代世界システムと感染症-旧世界と新世界の遭遇
  • 第4章 生態学から見た近代医学
  • 第5章 「開発」と感染症
  • 第6章 姿を消した感染症
  • エピローグ 共生への道
  • 付録 麻疹流行の数理

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 感染症と文明 : 共生への道
著作者等 山本 太郎
書名ヨミ カンセンショウ ト ブンメイ : キョウセイ エノ ミチ
シリーズ名 岩波新書 新赤版1314
出版元 岩波書店
刊行年月 2011.6
ページ数 205, 5p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431314-4
NCID BB05994400
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21956538
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想