すぐわかるSPSSによるアンケートの統計的検定

内田治 著

統計解析で最もよく使われる仮説検定。その検定手法には多くの種類があるが、それらを使い分け、活用するには一体何に着目すればよいのか。本書ではとくに利用頻度の高い手法を取り上げ、どのようなデータにどのような手法を適用すると正しい結果が導けるかを例題形式で解説する。さらに、検定結果のチェックに用いることもできるブートストラップ法を紹介。実際にもすぐに役立つ必読のハンドブック。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 仮説検定の概要
  • 第2章 平均と割合に関する検定
  • 第3章 2つの母平均の差の検定
  • 第4章 3つ以上の母平均の差の検定
  • 第5章 クロス集計表に関する検定
  • 第6章 相関係数に関する検定
  • 第7章 検定手法の選択
  • 第8章 ブートストラップ法

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 すぐわかるSPSSによるアンケートの統計的検定
著作者等 内田 治
書名ヨミ スグ ワカル SPSS ニ ヨル アンケート ノ トウケイテキ ケンテイ
出版元 東京図書
刊行年月 2011.6
ページ数 219p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-489-02102-2
NCID BB05988077
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21939875
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想