琉球王国の自画像 : 近世沖縄思想史

グレゴリー・スミッツ 著 ; 渡辺美季 訳

一六〇九年の薩摩藩の侵攻以後、中国との君臣関係を維持したまま日本の幕藩体制に組み込まれた琉球王国-複雑な国際関係において、向象賢・程順則・蔡温・平敷屋朝敏といった人々がいかに王国のアイデンティティを模索し、自律性を追求したのか?"琉球処分"以後の沖縄のアイデンティティとの断絶も視野に入れつつ、近代国民国家論には回収されない琉球の主体性を描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 琉球の地位および日本・中国との関係
  • 第2章 北への眼差しと西への眼差し-向象賢と程順則
  • 第3章 琉球の自律性-蔡温における琉球の理論的根拠
  • 第4章 琉球の再興-蔡温とその批判勢力
  • 第5章 蔡温の琉球像への対抗
  • エピローグ 結論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 琉球王国の自画像 : 近世沖縄思想史
著作者等 Smits, Gregory
渡辺 美季
Smits Gregory James
スミッツ グレゴリー・J.
書名ヨミ リュウキュウ オウコク ノ ジガゾウ : キンセイ オキナワ シソウシ
書名別名 Visions of Ryukyu

Ryukyu okoku no jigazo
出版元 ぺりかん社
刊行年月 2011.10
ページ数 284p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8315-1298-7
NCID BB05977682
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21999944
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想