男の絆 : 明治の学生からボーイズ・ラブまで

前川直哉 著

「男の友情」は男にしか分からない…。そんな"絆"も、じつは歴史の産物だった。明治時代までさかのぼり、学生の間ではやった「男色」の、その後も展開を追う。いまの男女問題を解くヒントに満ちた、画期的な考察。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「学生男色」の時代
  • 第2章 「やったか、やってないか、それが問題だ」
  • 第3章 女学生の登場と「男同士の恋」
  • 第4章 「男色」から「男の友情」へ
  • 第5章 「同性愛者」の誕生
  • 第6章 締め出される女性と「ボーイズ・ラブ」
  • 終章 「男の絆」から「人びとの絆」へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 男の絆 : 明治の学生からボーイズ・ラブまで
著作者等 前川 直哉
書名ヨミ オトコ ノ キズナ : メイジ ノ ガクセイ カラ ボーイズ ラブ マデ
シリーズ名 双書zero
出版元 筑摩書房
刊行年月 2011.5
ページ数 234p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-480-86411-6
NCID BB05962991
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21946780
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想