アメリカの国防政策 : 冷戦後の再編と戦略文化

福田毅 著

ベトナム戦争から、ワインバーガー=パウエル・ドクトリン、湾岸戦争、RMA、対テロ戦、イラク戦争までを貫徹するアメリカ軍事の戦略文化を解明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 冷戦終結とアメリカの国防政策
  • 第1章 アメリカの軍事力の特質
  • 第2章 国防政策をめぐる論争の焦点-アメリカの戦略文化を中心に
  • 第3章 ベトナム戦争と冷戦期の国防政策-冷戦後のプレリュードとして
  • 第4章 最大の敵の喪失と新戦略の模索-ブッシュ(父)政権の国防政策
  • 第5章 冷戦と9.11の狭間で-クリントン政権の国防政策
  • 第6章 米軍の「変革」(transformation)と二つの戦争-ブッシュ(子)政権の国防政策

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アメリカの国防政策 : 冷戦後の再編と戦略文化
著作者等 福田 毅
書名ヨミ アメリカ ノ コクボウ セイサク : レイセンゴ ノ サイヘン ト センリャク ブンカ
シリーズ名 American economy & society / 渋谷博史 監修 第9巻
シリーズ・アメリカ・モデル経済社会 第9巻
出版元 昭和堂
刊行年月 2011.6
ページ数 309p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8122-1140-3
NCID BB05954960
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21942079
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想