本能か意志か

津田道夫 著

ローレンツ、ユクスキュルらの観察・理論に学び、自らの少年時代のハエ、トリ、カラス、ネコの体験もふまえ、動物と人間のあいだを「認識と行動」という視点から捉えなおす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 行動と心、本能とは何か(「行動」とは何か
  • 生得的定型行動としての本能行動あれこれ-トリを例にして
  • 本能とは何か
  • 遊びと学習
  • 本能=学習連環としての鳴禽の囀り
  • 性的行動-ネコとヒト
  • 人文科学から見た人間像)
  • 第2部 対象の認知(最遠平面-ハエとヒト
  • ある部屋の認知-ヒト、イヌ、ハエ
  • 動きと音による対象認知
  • ユクスキュルへの疑問・2
  • ヒトは人間として-認識と意志)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 本能か意志か
著作者等 津田 道夫
書名ヨミ ホンノウ カ イシ カ : ドウブツ ト ニンゲン ノ アイダ
書名別名 動物と人間のあいだ
出版元 論創社
刊行年月 2011.6
ページ数 203p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8460-0804-8
NCID BB05950223
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21942910
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想