まいにち富士山

佐々木茂良 著

富士山を目指すのに遅すぎることはない。必要なのはある程度の体力と事前の準備。六四歳の初登頂以来、天気が許す限り毎日登って八〇〇回を超える名人が「安全に行って帰るまで」を指南する。どれほど辛いのか?景色以外の楽しみは?どんな忘れ物が痛い?高山病のマル秘対策は?迷ったときの対処法は?登山客が見せた落涙のドラマや九死に一生の恐怖体験も交えた、富士登山の醍醐味、勘所が満載の一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 五合目 山頂はいつも見えている
  • 六合目 安全に行って帰るための全身装備
  • 七合目 四つの登山ルート、どれを選ぶか
  • 八合目 頑張っても防げないのが高山病
  • 九合目 眺める、飲む、触れる「ご利益」
  • 山頂 富士山に登る資格のない人たち
  • 剣ヶ峰 進むか、撤退するかの分かれ道

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 まいにち富士山
著作者等 佐々木 茂良
書名ヨミ マイニチ フジサン
書名別名 Mainichi fujisan
シリーズ名 新潮新書 425
出版元 新潮社
刊行年月 2011.6
ページ数 188p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-10-610425-1
NCID BB05945438
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21951628
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想