詩という仕事について

J.L.ボルヘス 著 ; 鼓直 訳

詩の翻訳の可能性/不可能性、メタファーの使われ方の歴史と実際、そして物語りの方法についてなど、フィクションの本質を構成する「詩的なるもの」をめぐる議論を分かりやすい言葉で個開する、ハーヴァード大学ノートン詩学講義(一九六七‐六八)の記録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 詩という謎
  • 2 隠喩
  • 3 物語り
  • 4 言葉の調べと翻訳
  • 5 思考と詩
  • 6 詩人の信条

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 詩という仕事について
著作者等 Borges, Jorge Luis
鼓 直
ボルヘス J.L.
書名ヨミ シ ト イウ シゴト ニ ツイテ
書名別名 ボルヘス、文学を語る

This craft of verse
シリーズ名 岩波文庫 32-792-5
出版元 岩波書店
刊行年月 2011.6
ページ数 231p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-327925-0
NCID BB05945154
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21956340
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想