生きるために登ってきた : 山と写真の半世記

志水哲也 著

生きている意味と充実感を求めて、一人で岩と雪の山へのめり込んだ日々。自分にしか撮れない写真をめざして、北から南へ日本中の山を旅する日々。山に賭けてきた45年間の自叙伝。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 反発(横浜に生まれ育って
  • 最初の目標
  • 山、何のために)
  • 2 山に描いた夢(どん底のスタート
  • 黒部川の沢の地域研究
  • 僕の青春、どこにある
  • 冬の南アルプス全山縦走
  • 冬の知床半島全山縦走
  • 最初の著書、そして黒部へ)
  • 3 可能性探しの旅(写真家宣言
  • 日本の幻の滝を旅する
  • 屋久島をめぐって
  • 白神に通って)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生きるために登ってきた : 山と写真の半世記
著作者等 志水 哲也
書名ヨミ イキル タメニ ノボッテキタ : ヤマ ト シャシン ノ ハンセイキ
書名別名 Ikiru tameni nobottekita
出版元 みすず書房
刊行年月 2011.5
ページ数 248p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-622-07605-6
NCID BB05943920
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21942313
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想