黒い絆ロスチャイルドと原発マフィア

鬼塚英昭 著

ヒロシマ、ナガサキ、そしてフクシマ…、日本人の命を、カネで売った日本人がいる!憤怒と慟哭で綴る原子力暗黒史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序として 「原子力発電所」は「原爆工場」である
  • 第1章 原発マフィア、誕生の物語
  • 第2章 日本の原発マフィアたち
  • 第3章 スリーマイル島事件の裏を読め
  • 第4章 ウランを制する者が世界を支配する
  • 第5章 かくて日本はアメリカに嵌められた
  • 第6章 原子力ルネッサンスが世界を狂わす
  • 第7章 日本は「核の冬の時代」に入った
  • 終わりに 日本が悲劇を繰り返さないために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 黒い絆ロスチャイルドと原発マフィア
著作者等 鬼塚 英昭
書名ヨミ クロイ キズナ ロスチャイルド ト ゲンパツ マフィア : セマイ ニッポン ニ カク プラント ガ 54キ モ ソンザイスル リユウ
書名別名 狭い日本に核プラントが54基も存在する理由

Kuroi kizuna rosuchairudo to genpatsu mafia
出版元 成甲書房
刊行年月 2011.5
ページ数 251p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-88086-277-4
NCID BB05942553
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22001240
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想