気候工学入門 : 新たな温暖化対策ジオエンジニアリング

杉山昌広 著

世界で議論が始まった!地球を冷やす技術。幅広く情報をカバーした本格的な入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 宮沢賢治の夢
  • なぜ今、気候工学か
  • 「危険」な気候変動の対抗策としての気候工学
  • 歴史と動向
  • 気候工学の概要
  • 太陽放射管理(SRM)
  • CO2除去(CDR)
  • 効果・コスト・問題点
  • 気候工学の研究:現状と今後
  • 気候工学に関わる人々の意見
  • 社会はどう向き合うべきか:気候工学のガバナンス

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 気候工学入門 : 新たな温暖化対策ジオエンジニアリング
著作者等 杉山 昌広
杉山 昌弘
書名ヨミ キコウ コウガク ニュウモン : アラタナ オンダンカ タイサク ジオエンジニアリング
書名別名 Geoengineering
出版元 日刊工業新聞社
刊行年月 2011.5
ページ数 197p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-526-06696-2
NCID BB05927899
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21935866
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想