平家物語〈伝統〉の受容と再創造

鈴木則郎 編

『平家物語』がいかに"伝統"なるものを受容し、自らを形成していったのかという過程と、諸言説に受容されることによって、どのように"伝統"として再生/再創造され、古典化していったのかを精緻な視点で探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 『平家物語』の形成と"伝統"(『平家物語』潅頂巻の和歌的措辞-建礼門院と西行
  • 覚一本『平家物語』における平頼盛の表現をめぐる私見-平維盛の表現を視野に入れて
  • 『平家物語』における祝祭的表象)
  • 第2部 『平家物語』の再創造(能楽における『平家物語』の再構築
  • 越後城氏をめぐる言説-城介の継承・再創造
  • 『平家物語』の"古典化")

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 平家物語〈伝統〉の受容と再創造
著作者等 鈴木 則郎
書名ヨミ ヘイケ モノガタリ デントウ ノ ジュヨウ ト サイソウゾウ
シリーズ名 平家物語
出版元 おうふう
刊行年月 2011.5
ページ数 224p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-273-03633-1
NCID BB05921950
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21959483
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想