黙阿弥

河竹登志夫 著

坪内逍遙に"明治の近松、我国のシェークピア"と称された河竹黙阿弥。その七十八年の生涯を、秘蔵の原稿や手記をもとに、曾孫にあたる著者が心をこめて描いた評伝。幕末から明治への激動の時代を生きた黙阿弥の作者魂と、江戸作者の矜持。それは現代にも通じるひとつの「生」の記録でもある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 黙阿弥のいない天覧劇
  • 2 大江戸の黙阿弥
  • 3 最良の日々
  • 4 「黙」の字の謎
  • 5 ふたつの家と娘たち
  • 6 晩年と遺書

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 黙阿弥
著作者等 河竹 登志夫
書名ヨミ モクアミ
シリーズ名 講談社文芸文庫 かW1
出版元 講談社
刊行年月 2011.6
ページ数 337p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-06-290125-3
NCID BB05904044
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21945347
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想