風媒花

武田泰淳 著

作家・峯三郎を視点とし戦争直後の中国文化研究会に焦点をあて、群像劇にとどまらず…拳銃の暴発、青酸カリ混入、といった事件の大きな波に登場人物たちが飲み込まれていく姿を描く。憧れの象徴である中国大陸の文化と歴史に対する、さまざまな立場からの考証が作品の底に流れる戦後文学の記念碑的傑作であり、著者の代表作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 風媒花
著作者等 武田 泰淳
書名ヨミ フウバイカ
書名別名 Fubaika
シリーズ名 講談社文芸文庫 たB7
出版元 講談社
刊行年月 2011.6
版表示 3版
ページ数 340p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-06-290126-0
NCID BB05903041
BN09180927
BN10295438
BN14078861
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21946561
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想