ドストエフスキー人物事典

中村健之介 [著]

「死せる生」にあって「生ける生」を求める-。作家の分身である登場人物たちが作品の中で繰り返し展開するテーマ、それは苦痛の中に生きる人間の現実である。処女作『貧しい人たち』から絶筆となった『カラマーゾフの兄弟』まで、全小説の内容紹介とともに百九十三人の主要登場人物を論じ、ドストエフスキー文学の魅力に迫る、読む「人物事典」。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 『貧しい人たち』
  • 『分身』
  • 『プロハルチン氏』
  • 『九通の手紙から成る長編小説』
  • 『ペテルブルグ年代記』
  • 『女あるじ』
  • 『ポルズンコフ』
  • 『かよわい心』
  • 『他人の女房とベッドの下の亭主』
  • 『正直な泥棒』〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドストエフスキー人物事典
著作者等 中村 健之介
書名ヨミ ドストエフスキー ジンブツ ジテン
シリーズ名 講談社学術文庫 2055
出版元 講談社
刊行年月 2011.6
ページ数 573p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-292055-1
NCID BB05900804
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21946621
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想